カジノ日本上陸!需要が出てくる日本人ディーラーの存在

初めまして。サイトをご覧いただきありがとうございます!

みなさんカジノが日本へ上陸することは様々なメディアでご存知と思いますが、それ以前に、日本人のディーラーという存在があるのはあまり浸透して理ないのではないでしょうか?

今回は知られざる日本人ディーラーの存在と興味を持たれた方への成り方、在り方について述べていきたいと思っております。

日本人ディーラーの存在

日本人でディーラーを目指す方は、日本カジノスクールに通学する必要があります。卒業後は各々のサービス業界として、就職先を探し、海外で活躍していきます。1年のうち平均して約2ヵ月ほどのみ日本に滞在する方が多いです。

海外のカジノで高額でプレイされるお客様(VIP)に対し、様々な要望にお応えするのが業務内容になっております。

また、海外においても日本人のお客様には一定数存在して、その方には日本流の接客が求められます。そして単にゲームの進行役だけでなく、現地の言葉が分からないお客様も不自由しないような、航空手配、レストラン予約、観光なども仕事範囲です。多岐に渡ります。

語学に関しては、韓国では日本語が通じますが、フィリピンなどでは英語が必要となります。

その他、負けたお客様からのクレームなども稀に入ってくることもあります。24時間いつでも電話が鳴る覚悟は必要ですね。

 

実際に活躍されているディーラーさんの1日は以下のようなものになっております。

・スタッフみんながそろうと、ミーティングが始まる。

・ミ-ティングでは仕事上の注意事項を確認する。VIPゲストが来る場合は、そのゲストの詳細と対応方法などが責任者から伝えられる。

・ホールに入って開店の準備。トランプをチェックして指定の場所にセット。チップをテーブルの上に並べ、金額と枚数を確認した後指定の場所に配置。事前作業は全て、テーブルにセットしてあるカメラと、監視係の人とダブルチェックで行われる。

・ゲストが入ってきて、テーブルに座ればゲーム開始。集中力を要する仕事なので、大体1時間ごとに15分の休憩が入ることが基本的。分単位で動いていているので時間厳守は基本。

 

なかなか客観的にみるとしんどい仕事の様子ですね。。では、実際にディーラーをされている方は何を楽しみとして働いているのでしょうか?

ディーラーの在り方

ディーラーは夜の仕事です。そして、カジノは年中無休なので、土日祝日も働かなくてはいけません。そのため、夜に弱い人には向かない仕事かもしれませんね。また、配偶者や子供、友達と時間の予定がなかなか合わないことも仕事の特徴です。

しかし、この仕事の魅力が給料が高い点です。例えば、イギリスのカジノでは、年収は1年目で13000ポンド(日本円に換算で約260万円)これは固定給で、これだけをみると少ないように見えますが、ディーラーの収入のもうひとつの要素はチップです。チップを仮に平均して、月に500ポンドもらうとするならば、合計年収19000ポンド(380万円)になります。このように、自分にファンをつけ、チップにより収益をあげることができるため、非常に魅力的に感じる人が多いです。

ディーラーになるには

冒頭でも述べましたが、ディーラーになるためには専門の学校を卒業する必要があります。

その中でもオススメの学校を今回ご紹介いたします。

無料オープンスクール実施中!

こちらの専門学校では、カジノの知識がない初心者や、英語に自信がない人にもかなり親切な講義内容になっており、市場も大きいことから、ディーラーとして成長していくための情報源はかなり豊富で有意義な内容になっております。

また、現在進行形でオープンスクールも開催されており、無料で資料請求もできるため、将来の活動領域を広げたい方や、転職先に迷われている方はご検討してみてはいかがでしょうか??

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました