日本のカジノ導入が迫る!日本人ディーラーへ転職する方法

サイトをご覧いただきありがとうございます。

今回のテーマは”日本におけるカジノ導入の最新情報”と”日本人ディーラーが今後活躍する可能性”の2点についてお話ししようと思います!

 

日本におけるカジノ導入の最新情報

 

カジノ法案って?

堅苦しい話になりますが、そもそも日本におけるカジノ導入のきっかけとなったのは、2016年12月、統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立したことです

 

このカジノ法案ですが、ただ単にカジノだけを作ることを目的にしていないところがポイントです。この法案は正しく解釈すると、将来的に日本において統合型のリゾート施設を作りましょうという流れの法案となっています(なのでIR法案とも呼ばれます。)。

 

政府は法案設立当初は2020年の東京オリンピックのタイミングに合わせて、アミューズメントパークとしてこのカジノも導入した統合型リゾートを設立する予定でした。

 

しかし、ギャンブル依存症や治安維持に対する懸念事項も多いことから、反対の声が多く、当初の予定より伸びているのが現状です。

また、近年の衆議院解散の流れにより、当初の予定であった1年以内の法案成立が困難になったという背景もございます。

そのため、個人的にはオリンピックには間違いなく間に合わないと感じております。

 

 

、、、ではカジノ法案は全くの白紙に戻ってしますのか??!

この疑問についてですが、そういうわけでもないと解釈します。

 

何故ならば、東京オリンピックの終了後は今度は反動が訪れ、一時的な不況環境に陥る可能性があるためです。政府はこのことももちろん予想しており、その不況を元に戻す起爆材料として、カジノ法案を残している可能性があります。

 

 

どこにできるの?

今後魅力的な施設として期待される統合型リゾートですが、日本ではすでに複数の地方自治体が誘致を表明しています。一方で、カジノ設置における懸念事項が解消できるのか、このメリットデメリットについて議論が激化することは間違いないです。

 

2019年6月現在、参加表明を示している地方自治体は以下の通りです。

<北海道、東京、千葉、神奈川、愛知、和歌山、大阪、長崎>

 

この中で、大阪はアクセスがよく、また2025年に国際博覧会(新万博)の開催が決定したことから、相乗効果で経済を活性化したい狙いがあり、カジノ導入に積極的な姿勢をみせているようです。

 

一方で、地方都市に統合型リゾートを誘致したほうが地域の活性化に繋がるという意見もあります。
有力なのが長崎県佐世保市にあるハウステンボス周辺です。また、北海道の苫小牧も観光産業に力を入れたいことからカジノ誘致を表明しております。

 

さて、一体日本に上陸する最初の場所はどこになるのでしょうか?今後の動向に注目ですね!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本人ディーラーが今後活躍する可能性

 

日本にカジノが上陸するに伴って、日本人ディーラーが貴重な新職業として降臨する可能性は十分にございます。ディーラーはもともと、ニッチな業種であり、専門学校も少なく、卒業生は基本的に海外での活動がメインでした。(そのため外国語を話せることも前提の業種です汗)

 

それが日本に導入されるとなると、もともと世界を跨いでいたディーラーが日本にUターンすることもあるでしょうし、それ以上にディーラーになりたい人、それらを育てる養成所も確実に増えることが容易に想像できます。

 

 

ここからはあくまで私の主観ですが、、

 

 

今後5年以内にはカジノ導入することを想定しますと、ディーラーとしての在り方、転職等の条件もかなりハードルが下がると思います。

今までプレイヤーとしてギャンブル感覚でカジノを楽しむことから、ある種でゲームマスターであるディーラーとのコミュニケーションを楽しみにする観光客も増えると考えております。

 

もし、現在このサイトをご覧になっている方が、転職を検討しているのであれば、その候補の一つにカジノのディーラーというものも入れてみるのも魅力に感じるかもしれませんね!

専門学校のオープンスクールも随時開催されているようです。気になった方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

無料オープンスクールの開催情報です

では、今回は以上となります。最後までご視聴ありがとうございました!!
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました